知名中学校の教育

知名中学校の教育
                                         平成21年度
学校経営方針
 
 
経営の基底
 
 
  公教育としての視点   生徒を第一に考える視点   家庭・地域の信頼に応える視点  
○ 日本国憲法,教育基本法,
 学校教育法等の関係法令
○ 学習指導要領,県・地区・
 町教育行政の重点施策

 
○ 学校は生徒のためにある
○ 一人一人の心に届く指導
○ 生徒のより大きな可能性を
 引き出す指導 

 
○ 保護者・地域の要請
○ 教育機関・各団体との連携
○ 開かれた学校
○ 学校からの発信

 
       

<>

目指す学校像
 ① 学力をつける学校
 ② 秩序があり信頼される学校
 ③ 環境を整え安全で安心な学校
 ④ 相手の立場を尊重し,一人一人を大事にする学校
 ⑤ 地域社会に開かれた学校
 ⑥ 歴史と伝統を重んじる学校
 

 
 
 
重点課題
 
 
互いにかがやきひびきあい,たくましく生きる人間づくり
1 基本的な生活習慣の確立

2 基礎学力の定着・向上


3 進路指導の充実推進

4 人権感覚と豊かな心の涵養

5 個性を重視した教育活動の推進

6 たくましい気力・体力の育成
 
・身なり,あいさつ,宅習時間の確保,登下校の交通マナ
 ーを徹底指導する。
・毎時の授業の改善・充実,「分かる授業5つの条件」の
 実践,「授業の充実3ポイント」の実践,個に応じた授
 業を実践する。
・進路に関する目標を持たせ,目標達成に向けての意欲を
 育成する。
・あいさつ・花いっぱい・読書活動・ボランティア活動の 推進,人権週間,道徳の時間を充実させる。
・個々の生徒の身上把握に努め,自ら学ぶ意欲や考える力
 を育成する。
・めあてを持った健康づくりや体験活動を充実させる。

 
 
 
 
教育目標
 
 
 
  心身共にたくましく,豊かな心と確かな学力を身につけ,

夢の実現に向けて主体的・創造的に取り組む生徒の育成

 
 
      めざす生徒像      
  ○自ら考え判断し,節度ある行動ができる生徒
○夢を持ち,たくましく生き抜く生徒
 
  精いっぱい学習に取り組む生徒
  (頭を磨く)
 
  精いっぱい心と体を鍛える生徒
 (体を鍛える)
 
  精いっぱい自分の良さを伸ばす生徒
  (心を育む)
 
   
 
 
めざす教師像
 
使命感に燃え,率先して生徒と共に実践する教師
 
  絶えず研鑽を積み,生徒に意欲を起こさせる教師
 
誰からも信頼され実践的指導力のある教師
 
  地域の一員として幅広い職見を備えた教師
 
 
 
1 本校の研究テーマ
よりよい学校生活のために自主的に活動する生徒の育成
~基礎学力向上を目指した指導方法の充実と家庭学習課題の在り方~
2 研究テーマ設定の理由
   「確かな学力」を考えたとき,基礎学力向上が不可欠であり,読み・書き・計算といった基礎学力は社会生活を送るうえでも不可欠なものです。基礎学力は段階を踏んで反復学習を行えば大半の生徒は身につけることが可能です。その過程のなかで,「やればできる」ことを実感し自信を持ちます。その自信は,次への学習意欲を高めることにもつながります。
平成21年度は,引き続き基礎学力向上を図るために授業改善はもちろんのこと,「どんな力をつけるために」「どんな内容で」「どのように学ばせるか」を明確にした指導方法の充実を図らなければなりません。「最低限これだけは」という基礎学力向上を考えると,家庭学習の内容や方法を具体的に指導する必要があると考えます。学習習慣を確立するためにも1年生で,小学校の復習からはじめ,2年生では1年生の復習から始め3年生では2年生の復習からはじめるその取り組みを自主的に行えるよう導いたり,各学年の学期毎になど様々なアプローチの仕方や方法があると思います。そのような取り組みの中で支援の必要な生徒に,平成20年度の反省を踏まえ,特別支援教育についても校内支援体制の確立に向けて全職員で研修し取り組まなければなりません。このようなことから,基礎学力を身につけさせることは義務教育の責務だと考えます。
我々教師は「最低限これだけは身につけさせたい」という思いを胸に,大島教育事務所の掲げた「授業充実の3ポイント」「一人一研究授業」「宿題(家庭学習課題)の工夫」「家庭学習60・90運動の推進」を踏まえて,本校ではどのように取り組んでいくのかをより具体的に研究していかねばならないと考えこの研究テーマを設定しました。
3 研究の仮説
 基礎学力の向上を目指した指導方法の充実と家庭学習課題の在り方についての研修を深め,生徒の基本 的な生活リズムを確立させ,よりよい学校生活を過ごすことができる生徒の育成を図る。
4 研究の基本方針・進め方
(1) 指導方法の充実
・分かる授業を展開し,基礎学力の向上を図る。
(2) 家庭学習の在り方について
・授業とリンクした課題を与えることにより,予習・復習の仕方や反復することの大切さを学ばせる。
(3) 実際の研修の時間にあっては,研修内容の校務分掌担当が課題提示・資料提示を行って研究を進める。
(4) 職員の資質向上を目指し,学校全体の研究テーマに関連した個人研究テーマを設定し,年間に一人一  回は研究授業を行う。(一人一研究授業)※
(5) 年度途中で,研修計画にない事柄の研修が必要になったときには,必要に応じて柔軟に対応する。
※ 研究授業・授業研究について
① 全体テーマ研究授業
   全体の研究テーマに基づいた研究授業及び,授業研究を行う。全体研修会で計画実施。
② 個人テーマ研究授業
   職員個々が全体の研究テーマに関連した個人研究テーマを設定し,それに基づいた研究授業及び,授業研究を行う。個人で計画実施。
③ パワーアップ・ステップアップ研修等による研究授業・授業研究
   一人一研究授業の実施としてカウントすることができる。
【一事徹底】
  「基本的生活習慣の確立」      
    ・身なりを整え,正しい姿勢で授業を受ける。            
    ・時間を守る。(登校・下校時刻,チャイム1分前着席,授業の終始,部活動終了時刻の厳守等の厳守)
    ・元気よく気持ちの良いあいさつの励行(あいさつ運動の推進)
    ・授業時間と休み時間のけじめ(授業に集中,頭を磨く・心を育む・体を鍛える)
    ・計画的な家庭学習習慣の確立(家庭学習90分以上確保する。)           
    ・精いっぱい隅々まで行き届いた清掃作業の実施(師弟同行)          
    ・安全点検と交通安全指導の充実・事故の未然防止(一旦停止の励行)              【一校一改善】
  「個に応じた指導法の工夫改善と充実」
    ・基礎的・基本的内容の定着を目指した「力をつける授業」の工夫改善と充実
    ・小テスト,ポストテストの計画的・継続的な実施
    ・学習の遅れがちな生徒への具体的な対応(支援計画・放課後の有効活用等)
    ・家庭学習と連動した授業の実践     
    ・個に応じた宅習課題の提示(家庭学習の手引きの活用と90分以上の宅習時間の確保) 
    ・一人一研究授業、個人研究テーマと関連させた指導法の工夫改善と充実
キャッチフレーズ】
  「夢の実現に向けて精いっぱい」
   (いつでも精いっぱい,頭を磨く,心を育む,体を鍛える)
【シンボルツリー】
  「ガ ジ ュ マ ル」『歴史の証人』
   本校の歴史と伝統を語る際に欠かせないシンボルツリーである。校風や伝統,歴史を語る教材としている。校訓「精いっぱい」の象徴である。

最近の写真

  • Img_5220
  • Img_5155
  • Img_5099
  • Dsc_0413
  • Dsc_0412
  • Dsc00882
  • Dsc00855_3
  • Dsc00855_2
  • Dsc00855
  • Dsc00837
  • Dsc00836_3
  • Dsc00836_2